k-11-29-2020-kawaru
PCの中の、見られたくないものは、死ぬ前にすべて消し去るべし。と家族どもから言われ。当然のように私が先に逝く事が前提になっており。その通りだけども。
k-11-29-2020-kiraini
「分けとく山」の、野崎さんがラジオで話しておりますた。
「冬の美味しさとは、あたたかさ、である。」と。
いくら美味しくても、冬場に、氷の上に、アワビの水貝を乗っけてお出ししても、喜ばれはしない。
湯気の立つ、おでんの方が美味しい。冬の美味しさは、あたたかさである。
こーいった、シンプルで当たり前なことを、ずっと忘れずにいるのは、とっても難しいことだな。
そうありたいでござーる。

メールの返事などお待たせしてる方々、ごめんなさい。
明日、差し上げまする。
新しい一週間も、頑張るズ。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。




 
 

k-11-28-2020-hosigakisang
干して20日が過ぎたので、完成したことに。初挑戦の干し柿、たぶん40代では好きになれなかった味だけど、今はとっても旨さが沁みるでござる。お茶との相性も、たまらなく。トシなんだろうなぁ、、友達のアさんも、50を過ぎた頃から干し柿が、とっても美味く感じると言っておりますた。
写真の上と下、20代の自分と現在の自分を見るようでございます。 右の「みしらず柿」は、干し柿用では無い柿でもって、干してみたら梅干しサイズになってもぉて、、ほぼ食うとこありませぬ、、
面白い秋のかけらですた。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。


 

移動の一日であった。
んん。わかる。同じ世代のお友達の子供も、ほぼ同じ世代。親の悩みや心配や、いろいろ共感しまくりでござった。自分ら世代が若いころより、今はキラキラした夢や野望をいだきづらい時代、でも、負けるでない。よ。
切り開いちゃえ。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。



k-11-27-2020-cakeyasang
そぉぉかぁぁ。 
近所にあった、小さい一軒家のケーキ屋さんが静かに閉店してしまっていた。玄関に貼り紙がしてあって、夏の終わりに閉じてしまったみたい。イチゴのショートケーキが美味しくて、この場所で30年以上も親しまれて来たのになぁ。 さびしい。いつの日か、復活を。
k-11-27-2020-ichigonocake
そして、朝ドラ「エール」も、終わり。地元福島のスターのお話だったから、身の入り方が違いますた。あ、本編は今日終わったけど、明日は、エールの特別バージョンのなんちゃら歌謡ショーがあるんだな。一緒に歌お。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

先日この世を去った、人間国宝、歌舞伎役者の坂田藤十郎さんの、NHKの特番を見た。 特に歌舞伎役者の育成の仕方に、胸を打たれたし、いろんなことを考えさせられる。
k-11-26-2020sone
体に染み込んでいる古典の歌舞伎を、身振り手振りで若手に教え、若手それぞれの「解釈」でもって受け継がれていく。だから、時代や世代により、微妙に変化してゆく。すばらしい。これで良いと思った。 が、
k-11-26-2020-zaki
ここで思うのは、現在のように、高画質なムービーで今の歌舞伎の記録が残されたら、いずれ「解釈」が働かなくなっちゃうんじゃないのかなぁ。だって、凄い精密すぎる記録なんだもの。代々それ見ちゃったら、変化しようがないじゃん、と。 
ダメですか、狭いすか私。 精進いたしやす。 
歌舞伎、浄瑠璃、そんな世界を描くのも、良いなぁぁ。来年は。
k-11-26-2020-sinjuu
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

巨匠がボソっと言ったひとことが、励みになるのだなぁ。。
最近自分は老眼のせいで、特に夜は目のしょぼしょぼがキツくなって、すーぐ眠くなるし、なんやかんやで筆の進みが遅くなって、これからの作業の山を見ては、ぅぅぅ面倒ぉぉぉいよォォ〜、、と思うことが多くなっていたところに、昨年だっただろか、NHKスペシャルで宮崎駿のドキュメントを見てたら、「ぁぁぁぁー、めんどくさい面倒くさい、、」と言いながら、鉛筆を握って原画を描き起こしているのを見て、あ、やっぱり巨匠でも、そうなんだ!!!と思ったら、面倒くささが消える自分がおりますた。 不思議なの。 画面の向こうにせよ、やっぱり共感するということが、いかに楽になるかがわかるのですから。 
今は、とてつもなく眠い、、がしかし、今宵もうひと作業。
お待たせしてる方々、ホントごめんなさい。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

今朝、次女は「断捨離デーな一日にする!」と高らかに宣言し、整理整頓グッズを百均に買いに行ったのに、塗り絵を見つけて買って帰って来て、その後、自分の部屋にこもって、ずっっっと夢中で塗り塗りしておりますた。 あのヨォォ、、予定外のモノを増やして、どないすんねん!!! 断捨離するんじゃねがったのがーっ!!!
k-11-23-2020-oniji
空カフェさんが、今年の営業が本日で終了し、来春まで冬季休業に。よって、店内に置かせていただいた、コーチはじめの「山の上ストア」も、終了しますた。 思いのほか、原画をたくさんご購入いただきますた。 誠に、ありがとうございますた。 来年、内容を一新してまたやらせていただくかもしれないし、そうでも無いかもしれないし、なんとも言えない事が山積みな、冬の始まりでございます。

今日は、事務所の廊下の窓から、お虹が見えますた。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

k-11-22-2020-takibing
大人になりきれないオジちゃんオバちゃん同士で、焚き火をしますた。  昼から呑んで酔っぱらったカ君は、「やっぱいいすねぇぇ、焚き火は。特に日が暮れてくっと。」と、少なくとも25回は言い放っておりますた。たしかに焚き火は、何か奥の方に響くものがございますね。

同じ敷地内に蕎麦屋さんがあって、大きな窓があって、蕎麦を食べながら窓の外の私どもを見た人たちは、ぁぁぁぁ、、大丈夫なのかあの大人たち、、と思ったのだと思います。お店を出てきて、こちらと目があった途端に、ガっ!!と目をそらしておりますた。 

連休の中日が終了。
どちらさまも、日の用心。
おやすみなさい。
 

k-11-21-2020-nijisang

んん。なんて解像度の低い写真なのだ。
今朝、大きなお虹が、三角屋根のお家からピューっと放たれておりますた。
自分が幼稚園に通っていたお子ちゃまの頃は、雲が集まって夜になると思っていたし、三日月に座れると思っていたし、傘を開いてパラシュートにして雲の上から降りれると思っていたし、虹の上をテクテク歩けると思っていたし。今はそんな風に思わないけど(思ってたら、壮絶に問題)、しかし天文学者などは、どんなに経験を積んでも、宇宙ってどこまであるんだろう。。 とか、星って綺麗だな。。 とか、素朴な感想や疑問をピュアに持ち続けている人ほど、どこまでも伸びるのだそう。 
ぁぁまぁぁ、なにごとも、そうか。

連休の初日が終わりますた。
どちらさまも、火の用心。
感染用心。
おやすみなさい。

 

ぁぁ、、辛かった。 
今宵は、映画ドラえもんと、ルパンのカリオストロが、裏番組同士でもって、どっちを見るのか、近年に無いものすごい葛藤を。親子のチャンネル争いが、全国的に勃発したのではないでしょうか。あ、そうでもないですか。

そんなモンモンとした中、物を取りに玄関まで行ったら、ハっ!!!?? 何を取りに来たのか、すっかり忘れてしまい、思い出そうとボーっと玄関扉を見てて、今どんな顔でボーっとしてるのか鏡で見てみようと思って、見てみたら、思いのほか哲学的な顔をしているので、余計に頭が混乱してしまいますたのでね。
玄関の棚に仕舞っといた、渋抜きした柿を取りに来たんですた。
いろんなことがある秋の終わりだす。
k-11-20-2020-zenigata

また今日も、銭形警部の最後のセリフに涙しますた。
「ヤツは、とんでもない物を盗んでいきました。あなたの心です。」
ク〜、、、

世の中、三連休だすか。
感染との闘いであるなぁ。。
みなさまどうぞ、お気をつけて。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

↑このページのトップヘ