_20200719_141134
夏らしくもあり、夏らしくもあり。
庭のハトさんが、羽を天日干ししてるでござる。

そーか。
ナルシズムを極める者ほど、自分がダマされたことを、傑作話だと思うんだ。んんん。
自分はなぁぁ、ダマされたことは、結構あると思うんだよなぁ。気づいてない(笑)。
だがらって、ダマすんじゃないよ。

ぬか床が、まだ完全に発酵してないんだけど、試しにキュウリをつけてみたら、まだぜんぜんイケてなかタ、、 焦ってはいかん。 
k-7-18-2020-kyuuri
実感が湧かないまま、コンフィデンシャルマンJPを観てたら、ジンと来てしまった。 安らかに、三浦春馬さん。 これからが、もっともっと楽しみだった。

明日福島はちょい暑い予報。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

まぁなぁぁ。簡単には戻れない場所、に行くほど、旅の本質を味わえるなぁと思うでござる。自分が唯一、海外を一人旅したのが、21歳の時で、なんでかアメリカ西海岸ですた。働いて貯めた貯金があっても、バブル直前でもって旅行代が凄い高かったので、着いたら現地でほったらかしツアーの一週間でもって、ご飯はスーパーで買って食べなきゃいけないし、郊外の一本道を、一人でずーーっと歩いてって、道に迷ってるうちに日が暮れてきちゃって怖くなる、人に片言で道を聞いたけど、よく解らなかったり、宿に帰れなかったらどーしよう、、とビビったり、そんな他愛もない出来事でも、孤独の強さが違うから、関わってくれた人たちに、ありがたみが湧いたり、自分の無力さを知ったりして。50を越えた今でも、その時のドキドキが自分の中にあるでござる。 でもなぜに西海岸だったんだろうね。もっと、どっかあったじゃんね。 まぁいいや。
旅ができない今、余計にいろんなことを思い出すなぁ。
いつかまた、飛んでいける日が来ますように。

一週間、お仕事おつかれさまですた。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

DSC_6172

あらららら、ほんとだ。
ぬか床をモミモミすること数日、手がスベスベになったでござる。 ぬか床に顔を沈めたらスベスベになるんだろなぁ、野菜がダメになりそうだけど。 
ぬか仲間は、卵や長芋やオクラや、変化球なネタを漬けて、すごい上手く行ってる模様。なにか変わりダネ、無いかなぁぁ。とりあえず、アボカドとチーズ、やってみよかな。野菜は必須だけども。 毎日かき回さなきゃいけんし、夏の暑さでぬか床が痛むし、いつまで根性がつづく事やら。

_20200717_001105

今日もサブい一日であったな。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

いいなぁぁ、砂遊び。じゃねぇです、仕事の合間をみて、ぬか床をコネコネ。 初めて挑戦中のぬか漬け、おいしく漬かりますよぉに。にしても、なんだろう、いいにおいなんだよなぁぁ、新しいぬか。よく知ってる何かに似てるにおいだなぁ。。と思ったら、うちのチロ助ですた。セキセイインコの。いいにおいなんだ、インコ。いいにおいだなぁぁと思って、チロ助に鼻の先を近づけると、ガっ!!!!!と、噛まれたでござる。鼻ピアスの穴あくかと思いますた。
k-7-15-2020-nukadoco
秩父や水戸や、関東方面で住んだり働いている同級生たちが、なかなか福島に里帰りできなくて寂しそうだよ。自粛もあれば、会社からのお達しもある。辛いよなぁ。辛抱だな。でも、電話とかSNSとかがあって良かった良かった。

サブい一日。雨が降り続いております。 
風邪ひきませんように。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

寒い7月なことよ。 7月に入って、福島県内では快晴な日が無く、過去30年で、最も晴れ間のない7月となっているそう。だもの、日照不足でもって、野菜がすごい値上がるわけだヨ。なので、久々に家庭菜園復活!!でもって、トマトを育て始めたら、日照不足だもの、育たないわ育たないわ、、 なんでそこに気づかないかなぁ。プロが育てて苦労してんだものさ、、
今日も寒かったけど、明日は、さらに気温が下がる模様。
ぁぁぁ、、

今宵もう一仕事。
どちら様も、火の用心。
おやすみなさい。 

k-7-13-2020-ten2
ぅぅぅ、月日の流れの速さが加速するのは、歳のせいであると、チコちゃんが言っておりますた。叱るチコちゃんが。その通り。 もう7月も真ん中らへんだよ。 ど、どど、どーすれば。
k-7-13-2020-ten4
イラストを担当しますた、雑誌「天然生活」の付録カレンダー、7月は金魚の絵となっております。
この絵は、はじめ背景に色を入れず、白いまま仕上げたのですが、編集さんからの、背景色が欲しいとのご希望で、ピンクを敷きますた。
イラストレーションは絵画とは違って、描き手の思惑だけでなく、色々な方の意見を取り入れながら完成させていくことが多いのですが、そこがまた楽しいところです。
まずは、手に取ってくれる天然生活の読者さんのことを念頭に。 そこを念頭に置かないと、逆に表現が定まらず、迷いが広がってってしまうのです。
k-7-13-2020-ten5
また雨が激しくなる予報かー、、
どうか穏やかでありますように。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
k-7-13-2020-ten1

 

今日は、もうすぐ手放す愛車のリペア第一弾なサンデー。 ボンネットにできた、ハガキ大の痛んだ塗装のところの、補修を。 スプレーで重ね塗りをしてくんですが、市販の塗料では愛車のカラー番号が無かったので、どうしようかなと思って色々調べたら、正確なカラーを1本から調合して作ってくれるシステムがあったので、作ってもらいますた。 便利な世の中になったものでござる。 外は風がピューピューですたが、まぁまぁ満足に塗れた感じ。70点。 残すは、塗った所をコンパウンドで磨いてツルツルに仕上げて、完成へ。 10年以上乗ったなぁ。 おつかれさん。 出来るだけピカピカにして手放さんとね。

家のベランダで、赤とんぼが休んでいますた。今年の1号。 真夏の前に産まれちゃったんだな。気温差が激しいから、体に気をつけなはれや。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。



 

松茸が、絶滅危惧種に指定された、というのをニュースで見ますた。震災のちょい前に天国に行った私の親父は、キノコ狩りが大の趣味でもって、自作のキノコ手帳に、採れた場所と日時、形のスケッチなどを書いておりますた。のを、他界してから見つけて知りますた。 キノコを採るのがそんんなに嬉しいんか? とずっと思ってたけど、今自分がしてる事ったら、味噌と梅干し、ぬか漬けの仕込みと。娘達は「よかったね。」と、いたわりの目で見てるでござるが、興味ねーべなぁぁぁ、さぞや。

今宵の「世にも奇妙な物語 」が、何回、火葬しても、ちっとも燃えないお爺ちゃんの話ですた。棺にキノコを一緒に入れてあげたら、香ばしかったかもね。そうだね。

今宵、雲間の星がチカチカ綺麗でござる。
どちらさまも、火の用心。

おやすみなさい。

 

新宿、好きな街なんだけどなぁ。 丹念に消毒をして距離をとって、対策してる真面目なお店がほとんどなんだよ。どうしたものかなぁ。 とにかく今が正念場だ。 応援。

地元、須賀川高校の同級生が、 二十代の頃、新宿歌舞伎町で料理人として夜中まで働いていたことがあって、「新宿って24時間動いてると思うだろうけど、ほんの一瞬だけ、眠る瞬間があるんだよ。」と言っていた。街並みが、静かに、白ぉぉく、なるんだと。路肩に停まったメルセデスベンツも、眠ったように白くなる。のだと。
自分は昔は吉祥寺に住んでいて、新宿で飲んでも中央線の終電に乗って帰っていたので、その光景は見たことが無かったんだけど、なんだか妙に実感したなぁぁ。

一週間、お仕事、おつかれさまですた。
週末の雨、穏やかでありますように。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

↑このページのトップヘ