k-10-8-2019-cup
きょうは事務所がサブくて、この秋はじめてヒーターをつけますた。 灯油を買う季節がやって来ますたか。 震災があった3.11は、皆まだダウンジャケットを羽織るほど寒くて、灯油が欠かせない状態だったんだけど、エレベーターが止まってるマンションでは、灯油の入ったポリタンクを両手に持って、階段をのぼるしかなく、5階に住んでる友達は、かなりシンドかったと語っておりました。 高層マンションの人たちは、どうしてたんだろう。 
 

来たなぁぁ、発酵。 発酵特集の雑誌も多し。 Dancyuは発酵させた食材や調理法、Discover Japanは味噌や醤油についての内容が濃いので、こちらを買いますた。 まさに自分も味噌を追っかけている最中、んな中、ユさんが、5年熟成させた味噌の味見をさせてくれると。 たぶん、独特のクセがあったとすても、熟成5年かぁぁと思うと、多くの意味合いでもって好きになることうけあい。 楽しみー。 
久しぶりに、雑誌「婦人公論」さんからのお仕事。 だんだん年末のスケジュールが、ヤバ風になって来たよぉぉ、、  1日たりとも無駄にできぬ。 締め切りぎわの魔術師になるのだ。
どちらさまも、火の用心。 
おやすみなさい。 

k-10-6-2019-tempura
矢吹のイベントの帰りに寄った、須賀川の実家の母の天ぷらさん。 ゴーヤのも。 食い過ぎて、寝るまでお腹パンパンでございます。 今宵、星がいっぱい出ておりますた。 月曜から、年末進行的、怒涛なる忙しさが幕を開けるでござる。 お待たせしてる方々、ごめんなさい、、突っ走ります。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-10-6-2019-bajji
ねらいすましたかのように、イベントをやってる2時間だけ、矢吹ではしっかり雨が降ってくださいますて、フットサルのグランドが使えず、軒下でのお絵かきとなりますたが、子供達にはあまりそこは関係なかったようで、最初から最後まで、ぐちゃぐちゃに盛り上がりますた。 同じフクロウでも、一人一人、塗り方が全然違うし、チカラが余って顔や腕や足にまで塗りたくるし、「今日は、やりたいことは全部やる」な、子供達の意気込みがありますた。 楽しかったなぁぁ。 絵を描くことをもっと好きになってくれたら、とっても嬉しいでござる。ここまで書いてアレなんすけども、怒涛の現場の写真がまだ手元にないので、子供達にオマケで配った、フクロウさんバッジの画像を。 なぜか下からのライティングで、ホラー感たっぷりなんだけども。 イベント中の写真が来たら、またブログにUPいたしますね。 
雨の中、参加してくださった皆さん、小林さんはじめ矢吹町役場や、みらくるやぶきの皆さん、いつも素敵に記録を残してくれるカメラウーマンのみなさん、すべての関係者の皆さん、ありがとうございますたっ!

 

k-10-5-2019-hooohoo
準備、整いますた。 あとは、お空さん、よろすくお願いすまーす。 イベント参加者の皆さん、一緒に騒いで遊びますヨ。 矢吹で、お待ちしております。 

10月に入り、来年のイラストレーションFILEの掲載案内が届きますた。 一年は速いのぉぉ。 この年鑑は、1人1ページずつ与えられるので、今年やった仕事の中から、載せたいのを自分で4つか5つかチョイスするのでござるが、、今年は、悩ましいなぁぁ。 たくさんの良いお仕事に恵まれたよ。 ぅぅ、、どれも載せたいけど全部は無理ス 。。  あとで考えよ。
明日早いので床につくとします。

どちら様も火の用心。
おやすみなさい。
k-10-5-2019-niwaniukuroosan

 

_20191005_081032

ぅぅぅ失態ってもおた、、 一年ぶりに、インスタに上げるべく、汗だらだら深夜に頑張って1時間かけてやっとこ上げたのだけど、文章に誤りがあり直そうとしたら、どんどん変な事になり機能不全のよう、困り果てたところに、そっちに詳しい次女が風呂から上がって来たので、つかまえて助けをこうたら、結構面倒な状況のようで1時間付き合ってもらって解決。。 ああっ!!!  二階で風呂待ちしてる長女に声かけんのわすれてたっ!!!!  もはや深夜の1時、お詫びのしようもございませんですた。

_20191004_145700

イモではござりません。 スポンジをぶつ切りにして、面取りしたら、こんな具合に。明後日の矢吹のイベントで使うでござーる。

k-10-4-2019-oneco
雨かー。 日曜、晴れてくんないかなぁ。 予報だと、矢吹町は、朝まで雨で、午前中のイベントは、曇りになってるズ。 てるてる坊主に、懇願しとこ。 写真は、昨日お世話になった整備工場で寝てたお猫さん。 ぜんぜん動かない。

k-10-3-2019-toraya
愛らしいなぁぁ。 室町時代の後期創業、和菓子の「とらや」のインスタには、本当の意味で、明るいお菓子の数々が。 つみかさねられ、受けつがれ、たった今をあらわす。 そんな感じがする。 今度、銀座行ったら、入ってみよかなぁ。 そすて、とらやの本「ようかん」が刊行となったそう。 新潮社のライター、足立真穂さんの編集。 足立さんは、土井善晴先生の連載「おいしく、生きる。」をまとめられてる敏腕ライターさん。 その連載の挿絵のお仕事を、私にくださってる方です。
「とらや」インスタグラム →
とらや文庫「ようかん」→
 
明日はもう金曜かぁ、、
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-10-3-2019-usetsu2
あのぉぉ もぉ、うんざりかもしれませんけど、またウィンカーの話なんですけども。 いーすか。 昨日から、ウィンカーの電球が切れたまま運転して実感したんですが、ヘッドライトとかテールライトとかが点灯しなくなるよりも、ウィンカーが切れるのは、危ないと思いますた。 今回自分は、左前だったから、まだマシだったのだけど、もし右が切れたとすると、例えば交差点で、右折したいときに右折の合図をせずに、右に曲がる訳だから、対向車からすれば、直進すると思わせといて右折しやがった! となって、混乱することが出てくる。 なので、週末になったら修理しようとか思わず、とっとと修理したのですた。 伝わっとるかなぁぁ。。 

↑このページのトップヘ