県内の仲間の多くは、もうすでにご存知かと思いますが、福島市松川にある、SEKIYA COFFEE(セキヤコーヒー)が、2月に火災にみまわれ、復活をかけてクラウドファンディングが始まっています。終了期限まで、あと31日。
詳細→ 

誰にでも愛されるあたたかさをもった、オーナーの斎藤くん。すべてはこれからです。頑張ってほしいです。応援してますよ。

みんな、頑張ってる。
自分も負けずに頑張らにゃ。
がんばろう。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

昨日、インコのチロ助が、歩いた後に、血が点々と。これだけ出たら、インコにしたら大出血だぞぉ。どこかに引っ掛けて、足をすりむいた模様。拭いたり綿棒で薬を塗ったり話しかけたり色々してあげたら、気のせいかなぁ、今日は妙にナツくでござる。伝わるんかなぁ。でもこれは痛かったべさ。気をつけなはれや。手がかかるでござる。
終日、雨がよく振りますた。真っ白な梅の花が、わんさか咲いてたんだけどなぁぁ、落ちちまったかな。 雨は、明日の朝まで降って、午前中は止んで、午後はうっすら降る、そんな予報。

今週も、突っ走るでござる。
一日、一日、だいじ。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

また、揺れましたね。ここ郡山は震度4。まだまだ地震は継続中でありましょう、くれぐれも用心していきましょうね。
ぇぇぇ、クマ肥ゆる春、と申しましょうか、申すんでしょうね、私、食欲が止まらず、ここ4日ほどで1キロ、重くなりますた。わかってるんです、間食と晩酌です原因は。もう何も言わないでください。

外は雨。明日は冷えるサンデーだろか。がっつりお仕事でございます。

眠ってる間に、でっかい余震、来ませんよぉに。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

友達のカ君が、3トントラックを操って、東京まで行って荷物を積んで帰ってくる。一年前には全く想像してなかった光景。しかし着こなすもんだなぁぁ、トラックでさえも。たくましいこと。最近は、想像してなかった光景を、いっぱい味わう。自分自身もそう。一年後など、環境がぜんぜん変わってるかもなぁ。それでいいな。どう変わっても、とにかく、丈夫に生きていくんだ。

今週も、お仕事おつかれさまですた。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。

 

いたいた。親戚のおじさんにも、いた。小指の爪だけが、ヒュっと伸びてる。形も整えてある。何のおまじないかなぁ、と思ったまま30年くらい忘れてたら、今日ラジオでそんな話題が出たのだけど答えが出なかったので、自分で調べてみますた。ら、説がいくつも。が、どの説を取っても、自分も小指の爪を伸ばそかなぁと思える説がありませんですたよ。これなぁぁ、親指の爪だけ、ひゅ〜っと伸びてたら、また印象変わるだろなぁ。あ、ギタリストでいるか。

今日も終わり。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-3-18-2021-higasisang1
歌人、作家の、東直子さんのエッセイに、描きますた。ヤクルトの情報誌「ヘルシスト」3・4月号。んんとっても、科学的で実直な本であるなぁぁ。コロナ渦において、さらに体を使わなくなった自分、よく動いていた頃の自分、の話が、とっても面白いですた。お話を読んでどんな絵にするか、これもかなり悩んだあげく、ハラの出た猫さんが、スマホの手を止めて、思いにふける絵にしますた。東直子さん、気に入っていただけると良いのだけど。
k-3-19-2021-higasisang2

 さて、続きの仕事は、自宅にて。
おつかれさまですた。 

仕事の合間、地震でやられた、友人のカフェの片付けや修繕を手伝いに。ブリブリに敗れた障子紙も、一緒に貼り直したのですが、最初はさっぱり要領を得なかったのに、貼り終わる頃には「はいっ、お願いしゃス、はいっ、イケます、次、ノリ濃いめで。」とか、まるでラーメン屋の厨房で、丼にスープと麺と具をのせ、素早くラーメンを仕上げていくような掛け声でもって、サッサカサッサカ作業できるようになりますた。だいたいこーいった作業は、慣れた頃に完了するものですね。すぐにこの技術をどこかで活かしたい気持ちなるのですね。 たいした気してますね。 おだってますね。

しかし今年の花粉ったら、キビシくないかぁぁぁぁ、、目、鼻、のど、耳、ぜんぶカユいでござる。これからが本番なのか、、思いやられるのぉぉ、、

ともかく寝よう。たぶん自律神経も、カユさと関係してくる気がするので、睡眠は大事でござる。 

今日は大きめの余震があったんですか、運転中で気づきませんですた。
まだまだ油断はできないでござる。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-3-16-2021-oyajinoumesang
今年も、咲いた。ちゃんと咲いてくれた。親父が残してった盆栽の、梅の花。親父が逝ってから何年もの間、誰にも構われずほったらかしにされてて、木の幹はカサカサになり葉も着かず、もちろん花も咲かず、枯れちゃったと思ってたのだけど、5年ほど前だったろうか、思い立って鉢をかえ土を入れ替え肥料をほどこし水を絶やさぬよう、手入れをしてたら、その翌年くらいから、葉が茂り、春に花が咲くように。ちゃんと応えてくれるんだ。ほっといて、ごめんね。親父の形見で生きてるものといえば、この盆栽のみかぁ。親父が食べようとして食べずに飼いはじめたドジョウ君も、10年以上生きてたけどなー。

お仕事、お待たせしてる方々、ごめんなさい。
明日も、走ります。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。

 

自分の小遣いを貯めて、初めて買ったLPレコードが、「さらば宇宙戦艦ヤマト」のサントラで、シンフォニックオーケストラの壮大な演奏の中に、迫力のドラム演奏があって、そのドラムが派手に叩かれてる部分だけをつまんで続けてテープに録音し、繰り返し繰り返し聴いていたのを思い出しました。10歳頃なので五年生くらい。そのころから、ドラムの音にに惹かれるようになったんだと思います。その演奏していたのが、村上ポンタ秀一さん。が、逝ってしまわれました。自分が親しくさせていただいている、神保彰さんのデビュー以前から華々しく活躍されていて、間違いなく日本の音楽シーンを牽引されて来た方でした。一度も生で演奏を聴いたことがありませんでしたが、自分の耳を育ててくれました。ありがとうございました。明日は、ポンタさんのアルバムを聴きながら、仕事をしようと思います。
どうぞ、やすらかに。空の上でも、どうぞドラマーでいてください。
70歳、、、早いよ、、逝ってしまわれて、、

どちらさまも、火の用心。 
おやすみなさい。
 

k-3-15-2021-opana1
数日ぶりに事務所に出てきたら、机の上の花がたくさん散っておりますた。散ってもお綺麗ですわ。おつかれさん。隣の小さい花屋さんで調達した、名前の覚えられないお花、とっても長持ちですた。

仕事机のすぐそっちが窓で、夏は開け放って仕事をするので、消しゴムのカスをフーっ!!!と吹いたりしますと、下の駐車場のクルマたちに降り注ぐ仕組みとなっております。

なんでもかんでもモノクロ写真にすれば意味ありげな深い写真に見えると思ってモノクロ写真にしただろ!と思ったあなた、大正解っ。
k-3-15-2021-opana2
 

↑このページのトップヘ