k-3-14-2021-misosikomi
仕事の合間、今年の味噌を仕込みますた。本当は冬の間に寒仕込みしたいところですたが、ご存知の通り、最近いろいろありすぎて、今ごろに。6月に天地返し、9月に出来上がりと。今回もどうかカビが生えませんよぉに。そすて早速、昨日知ったばかりの「煎り酒」をコサえ(下の写真)、スズキの刺身を浸していただきますた。日本酒と梅干しと鰹節とひとつまみの塩を鍋に入れ、5分煮詰めて出来上がり。醤油が貴重だった時代の、タレでござる。 んーー、たぶん、旨い。んだと思う。んんんん。たぶん何かが成功してない。今度、もう一回、挑戦してみよう。そんな感じ。
そすて今日は、円空の、木彫りの仏像のことを知って、目からウロコがぼったぼった落ちますた。これからの自分のお題の一つとなりそう。円空。
k-3-14-2021-irizake
新しい一週間も、頑張るズ。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-3-13-2021-nukadokosang
いけね、、ぬか床に4日くらい漬けっぱなしになっていたカブを取り出したら、しょっぱくてちょい酸味が強かったので、30分ばかり水出しをして食べたら、旨かったですた。良かったね。

やぁぁ「煎り酒」、明日、やってみよかなぁぁ。なんで知らなかったんだろう。今日テレビで知りますた。鍋に、酒と梅干しと鰹節と、ほんの少しの塩をふり、煮て作るタレ。醤油が貴重だった時代はこうしてタレを作って、刺身などを食べていた、と言うのだが、今だと、醤油よりも、よほど贅沢に感じますなぁ。んんん。

今日も終わり。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-3-13-2021-poyoyooong
そぉだったか。。 
どうも自分の金銭、、琴線にふれるんだなぁぁ「おちょやん」の音楽。の中で、ひとりのシーンでよく流れる静かな感じの曲の、口笛のような、笛のような、あれは何の音かなぁ、とずっと思ってて、昔から聴いてるゴンチチにも同じ音がする曲があって、とっても好なのだけど、本日、判明しますた。ミュージック・ソー。ノコギリのような長い刃を、弓でこすって弾く楽器。の音だった。サキタハヂメさんという方が、その奏者では有名らしく、おちょやんの音楽のすべてを作曲、今日NHKで、ミュージック・ソーを生演奏しておりますた。不覚にも、不覚じゃないけど、やっぱり琴線にふれまくったものですから、テレビを観ながら、ジわーっと涙があふれてしまいますた。ティッシュで拭きますた。んんで次に思うことといえば、俺も、弾けるようになりたいのぉぉ、ですた。
いつものことだすが。

おちょやん、面白いなぁぁ、ドキドキする。朝ドラの。ほっしゃんの演技、ますます良ろすい。

やっぱりなぁぁ、どんなことであれ、何かを成し遂げようとする時、「意地」がないとダメだなと思うんですよ、自分は。あの人に、自分がちゃんとやれる姿を見せてやりたい。でもいいし、くじけそうになる自分自身には絶対に負けたくない、でもいいし。意地です意地。

今週も、お仕事おつかれさまですた。 

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

あの日から、10年。
あらためて、犠牲になられた方々への、哀悼の意を表します。そして突如として、原発事故で故郷や仕事や生活を失った方々の気持ちを思うと、自分までもが、本当に悔しくてたまらない。
 
しかし、人は凄いなと思う。震災をきっかけに、あの人と出会えた、新しいことを考えた、自分が変わることができた、そんな風に、思いを前向きに切り替えることができる。
本当に、頼もしい。
きっと、この先どんなことがあっても、たくましく歩いて行けます。

今日も一日、お疲れ様でした。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

k-03-10-2021-awawatogyooza
今朝の珈琲も、ええ泡が立ったし、須賀川の母のニンニク餃子も、とってもイケますた。日常のありがたみが、昔と全然ちがうヨ。んんんん。

実家の地盤、柔らかいんだなぁ。先月の震度6強の地震で、基礎にヒビが入ったとのこと。10年前の震災では、実家の家の半分の地盤が6センチも地盤沈下してしまい、大規模半壊を。また沈下したんかなぁぁ、、んん、なんとかせんと。
人間の尺度で言えば、もういい加減、地震おさまってチョ!とか思うところだけど、地震は3.11以来、活発期に入ったらしいと。自然と人間とでは、周期のスケール感が、ぜんぜん違うでござる。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。
 

k-3-10-2021-chirosukekke
おだやかなる、いい天気。
机仕事が、もったいないのぉ。窓を開け放って、、あ、、花粉がござろうて、、こりゃ駄目だ。
じっと弁当のフタのOPENを待つ、チロ助。でも何もあげないよ、しょっぱいのとか脂っこいおかずなのだから。 

そぉかぁぁ。
五十肩は、右をやると、やがて左もやる人が、3分の1くらいいるよ、とお世話になった整形外科の権威が言っておりますた。んんんん、怪しいんだよ、なんだか。左が。右は去年頑張って復活。来るんじゃないよ〜左、まだ。もう3年は来ないでね。そんなとこで左右のバランス取らなくて良いのだからネ。

火曜日は、お休みのお店の多い、郡山ですた。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-3-8-2021-akari
いいドラマだったなぁ。ハルカの光。

ぼんやりやさしい光があると、眠くなる。 真っ暗だと、眠れない。不思議だな。うまいこと言えないけど、安心だろか、光。
やさしい光のような人、いるもんなぁ。
k-3-8-2021-akari2

長女が、映像のないyoutubeを、ずっと見ている。つか、聴いている。晩飯を食いながら。話の上手な男が、ずっと一人でしゃべっている声だけが流れている。のを聴いている。他愛のないことを語ったり、寄せられたメールや手紙を読んだりするのが面白いらしく、長女は、ずっと聞いてられると言っている。それ、ラジオじゃん。自分からすると、ラジオと何も変わらない。でも長女は、ラジオをほとんど聞いたことがない世代だから、ラジオっぽいとか言われても意味不明みたい。 どっちでもいいんだけど、やっぱり、いいんだよぉ〜ラジオ。っぽさ。って。そのYoutubeコサえた人、わかって作ってるんだきっと。すごい優秀だと思う。

月曜日の終了。おつかれさまですた。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。

お、、、ゆれた、、

 

 

よかったなぁ。今宵の、NHK「猫も、杓子も。」。ヤバいよ、、猫、飼いたくなるなぁ。子供の頃に、一度だけ、猫を飼ったことがあったった。 あ、この話前に書いたか。ポンと家に飛び込んで来たノラの子猫を、そのまま飼ったのだけど、その思い出が楽しすぎて鮮明に残ってるから、今は飼わなくても、満たされてるんだと思う。
今まで観た「猫も、杓子も。」の中で、今日の放送が、一番沁みたな。直木賞作家、朝井まかてとマイケル。

今週は、震災の日があるな。
いっぱい忘れてしまったので、いっぱい思い出そう。
新しい一週間も、頑張るズ。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。

ちゃんと、眠ろう。
あしたは、あした。
 

↑このページのトップヘ