そぉか。 ジョアン・ジルベルトが逝ってしまったか。 自分が高校一年のとき、ジャケ買いで、小野リサさんのCDを買ったのが、初めてのボサノバとの出会いで、でも聴いたら、当時全然ナニも感じられなくて、小遣いハタいたのに、、と凹んだんだけど(ならジャケ買いするでない)、30代まんなかくらいかなぁぁ、聴き直したら、凄い良いかも、って思って、パタパタっと、ジルベルト、ジョビン、スタンゲッツらのアルバムも買って、ボサノバを仕事中に聞くようになったのでござる。 ナゼだろうね。 その頃は、心が疲れてたのもあると思うんだけど(笑)、毎日東京暮らしの熱帯夜を味わって、うんざりしてた頃で、なんとなく、気候がブラジルに近づいたかもなぁ、ので、ボサノバが自然に馴染んだんじゃないのかなぁ、と思ったのですた。 ぅぅ、説明がヘタだす、、 高校の時に買った小野リサさんのアルバムは、50を過ぎた今でも愛聴盤。
笹の葉サーラさら。 七夕さん、また来年。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。