k-6-16-2020-h
なるほどなぁ。音楽産業。 ギターアンプなど、ライブで大音量で聴かせるPA装置が出来てからというもの、ポピュラーミュージックは、巨大なホールに何万人もの客を集めてコンサートをするようになった。が、その前を考えれば、屋内でも屋外でも、声や楽器の生音が聞こえる範囲で少人数の人を集め、人々は生の音を楽しんでいた。
コロナをきっかけに、これからのライブは、原点回帰して、そうなって行くのかもしれないと。 
確かになぁぁ。 コロナは、いろんな事を変える。し、本来はどうだったのか、を考えさせる。し、いよいよ合理性のツケが回ったかなと思わせるなぁ(自分の場合は)。 
今宵、ラジオに音楽業界の大物プロデューサー3名が出ていて、これからの音楽の発信の仕方について、2時間、熱く語っておりますた。 話は半分しか理解できなかったので、録音しといたから、もう一回聞いて勉強しよっと。 音楽業界にとどまらず、自分らの仕事の生き残り方のヒントもたくさん話してた気がする、たぶん。 

さて、今日の作業は、このへんで。
帰ろう。

どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。