DSC_6067~2

おなじ病室にいるお爺さんが、素朴ないい人で、たぶん何かの職人さんかなぁ、お互い仕切りのカーテン越しに色々と話を。んだけども、お爺さん、耳がちょい遠いので、しかもカーテン越しだから、となりの部屋に聞こえるくらいの凄い大声で会話するのですね。

「俺なんかは、年金〇〇万円もらってっから、いいんだわないっ」

「え!そんなにもらってんすカ!」

「んだ、だげっと息子らも年金もらってっけど、安くてかわいそうなんだわないっ」

「ぁぁ、そうなんでしょうねぇ」

「俺の嫁さんは5年前に先に逝っちまったげど、それまで2人でもらってだがんないっ」

「は〜、合わせたら、すごい金額ですわねぇ」

「自分らはいいげっちょ、どんどん安くなってくもんないっ」

「ほんとですねぇ」

「だないっ」

「はい」

「ないっ」

「はい」

こんな感じのを、大声でもって。
そすて、お爺さんは、明日退院みたい。

良がったないっ。
おめでとない。
元気でないっ。

ぁあぁ、ふれあった。

今はコロナ対策でもって、病院は面会禁止だので、個室をとっちゃうと、本当に孤独になっちゃうと思って、相部屋を選んだのが、正解ですた。

今日も消灯となりますた。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。