先日この世を去った、人間国宝、歌舞伎役者の坂田藤十郎さんの、NHKの特番を見た。 特に歌舞伎役者の育成の仕方に、胸を打たれたし、いろんなことを考えさせられる。
k-11-26-2020sone
体に染み込んでいる古典の歌舞伎を、身振り手振りで若手に教え、若手それぞれの「解釈」でもって受け継がれていく。だから、時代や世代により、微妙に変化してゆく。すばらしい。これで良いと思った。 が、
k-11-26-2020-zaki
ここで思うのは、現在のように、高画質なムービーで今の歌舞伎の記録が残されたら、いずれ「解釈」が働かなくなっちゃうんじゃないのかなぁ。だって、凄い精密すぎる記録なんだもの。代々それ見ちゃったら、変化しようがないじゃん、と。 
ダメですか、狭いすか私。 精進いたしやす。 
歌舞伎、浄瑠璃、そんな世界を描くのも、良いなぁぁ。来年は。
k-11-26-2020-sinjuu
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。