なるほどなぁ。
輪島塗の器が完成するまで、124工程あって、ほぼ分業制であるから、そこも壊滅した現場から復活する上での高いハードルであると。んんんん。がしかし、世界中からの激励の声や、クラウドファンディングでもたくさんのお金が。自分も、ものづくりの端くれとして、職人さんの気持ちがとってもわかる。応援しよう。
k-1-24-2024-ricosang1
 写真は、移転したばかりの、新生、RICO(リコ)さん。昨年末まで私の事務所のマンションの1階にあった、服と器のお店です。新しい店舗も、素敵な空間だなぁ。 私作のインコのポストカードも飾られておりますた。
k-1-27-2024-ricosang2
どちらさまも、火の用心。 
おやすみなさい。