ボロボロ落ちたなぁ。ウロコが。目から。
私20代の中ごろ、ぐちゃぐちゃと悩みごとが渦巻いていたころ、加藤諦三さんの心理学の本に、とっっても救われたのですが、只今86歳の加藤さんが、本日ラジオにゲスト出演されてて、様々なお話を。本は文字だけど、ラジオの語りは声で(ものすごい当たり前)、ずっと定番なる理論でありながらも、とても新鮮に胸に響いたのですた。ウロコがぽろろろ。 86歳にして出されたばかりの新刊、凄い久しぶりに読んでみようかな。ほんのり、恩返しなキモチも込め込め。
k-2-2-2024-sakurasang

写真は、私の地元、須賀川の郵便局本局の入り口に立っている、桜の大樹。写真では伝わりづらいのだけど、こんなに太い桜の木、なかなか見たことないなぁ。傷が何度も丁寧に治されてる。ここは松尾芭蕉も歩いた街道のすぐ近くだから、ひょっとして樹齢が200年とかの古木で、だと江戸時代から立っておるのかも。いろんな時代を目撃して来たんだろうて。 
今度、誰か詳しい人に聞いてみよ。

今週も、お仕事おつかれさまですた。 
どうぞ良き週末をお過ごしください。