b33dfa3d.jpg





んんんんん。。  んーー。。  んんんん。。 たまむし色な気持ち、俺。    彼女は撮り続けた膨大な写真を人に観せることは無かったんだけども、もし今、SNSやブログがある現代に生きていたなら、どうしただろう。 きっと、自分の写真を仕舞い込まず、ネットに載っけたんじゃないか、と思う。 はけ口ができる分、残した様な、すばらしい写真にならなかったような気がするなぁ。 とっても主観だけど。 その逆の意見もございますでしょう。 生きているあいだに、感動を世界中の人と共有し、さらに深い写真が生まれていたかも。



にしても、、もったいないことしたよ、、映画のまん中30分の記憶が、吹っ飛んでおるよ、、目が裏返る裏返る、ゲロンゲロン、、 やはり映画前夜の半徹は、なりませぬ。   まだゲロンゲロンは続いてるので、床につきたいと思います。



どちらさまも、火の用心。


おやすみなさい。