タグ:布の仕事


k-3-21-2019-bag
プロ野球のことは、よくわからないんだけど、イチローの凄さはわかる。 世界の先端で活躍する日本人は、ちゃんと日本人らしさをフルに発揮して、大きくなっていく。 自分が持ってるものを知る、己を知るところからなんだだなぁぁ、んんん。 俺は己を知らないなぁぁ、未だ。 錯覚はいっぱいするなー、あでも、錯覚に助けられることも結構あるな。  昔っから、人生ずっと学び、とか言うけど、知識やなんや、ではなく、己自身のこと、じゃないのかなぁ。 
春分の日の終了。 どちらさまも、火の用心。 
おやすみなさい。 

k-1-12-2019-bag2
はい、続きますては、成人式の和服とあわせる、バッグの塗り方も命ぜられますたので、バッグ・アーティスター・ラグジュアリー・マイスターとなって、頑張らせていただきますた。 どうせなら、裏と表と、図柄を変えてしまおうと思って、湧き出る水玉と、湧き出るキラキラを描かせていただきますた。 大丈夫すか。 
ちなみに、和服の古着屋さんで古いバッグを調達し、ペンキを塗り塗りして仕上げたものなので、これもひとつの、アップ・サイクルと自分は思っているんでござる。
さぁて、ちょい肩の荷が降りたった。
三連休の初日、おつかれさまでございますた。 
尚志、カッチョ良い! 頑張ったな。
k-1-12-2019-bag1
 

↑このページのトップヘ