タグ:新潮社

k-1-16-2020-yoookang1
うれしいなぁぁ。。 素敵な一冊が、届きますた。 「ようかん」とらや文庫著・新潮社刊。 あの、とらやの本です。 かつて、饅頭博物誌や、餅の博物誌などはあっても、ようかんに焦点を当てた一般書が存在しなかったのだと。であるならば、自分たちで作ってみようと、とらやの菓子資料室、虎屋文庫のスタッフさんたち一同で、本づくりに取り組んだのだと。ようかんの歴史にとどまらず、色や形、材料、アレンジメニュー、製造現場など、多角的に見つめた一冊っ。 はぁぁすばらしい。 
k-1-16-2020-yookang2
この本をまとめたのが、先日まで土井善晴さんの連載のお仕事でご一緒させていただいてた、新潮社の、足立真穂さん。 足立さんは、養老孟司さんの「バカの壁」も作られた、スゴ腕の編集者さんです。 また何か、楽しい事ご一緒いたしましょうね。 
とらやさんのインスタ、ご覧になると、羊羹の概念が変わりますヨぉぉ。 ぜひ一度、飛び込んでみてください。 
とらやのInstagram →
k-1-16-2020-yookang3

今日も、のっぺりと終わります。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-12-6-2019-oisikuikiru
一年ほど挿絵のお手伝いをして来ますた、料理家、土井善晴さんの連載が、最終回を迎えますた。 新潮社「波」での連載「おいしく、生きる。」。 この連載をきっかけに、土井先生にも直接お会いすることが出来、先生の年賀状のイラストも担当させていただいたり、思い出の詰まったお仕事となりますた。 楽しかったなぁぁ。 新潮社の敏腕編集、足立真穂さん、土井善晴先生、先生の奥様、ありがとうございますた。

k-10-3-2019-toraya
愛らしいなぁぁ。 室町時代の後期創業、和菓子の「とらや」のインスタには、本当の意味で、明るいお菓子の数々が。 つみかさねられ、受けつがれ、たった今をあらわす。 そんな感じがする。 今度、銀座行ったら、入ってみよかなぁ。 そすて、とらやの本「ようかん」が刊行となったそう。 新潮社のライター、足立真穂さんの編集。 足立さんは、土井善晴先生の連載「おいしく、生きる。」をまとめられてる敏腕ライターさん。 その連載の挿絵のお仕事を、私にくださってる方です。
「とらや」インスタグラム →
とらや文庫「ようかん」→
 
明日はもう金曜かぁ、、
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-8-26-2019-nami
新潮社「波」、最新号が届きますた。 しかし執筆されてる方々、豪華絢爛であるなぁ。。 阿川佐和子さん、タモリさん、池上彰さん、俵万智さん、そのほか大勢、そすて私が挿絵でお手伝いしておりますのが、料理研究家の、土井善晴さん。 本のお仕事いろいろあれど、こんなハンディサイズで濃いい雑誌、挿絵は1色でささやかなんだけど、気持ちよいでござる。


k-6-21-2019-doisangto

んー。 俺、カタい。 し、俺フケてる。  ぅぅ、、 本日、やっっと会えますた。 土井善晴さん。 半年以上も、新潮社「波」の連載「おいしく、生きる。」の絵のお手伝いをしているのですが、今回いろいろな方々のお計らいをいただきますて、初めてお会いする事ができますた。 今日、講演会で郡山にいらっしゃったのです。 悩みに悩んだ、手土産もとっても喜んで頂けますた。 ホっとしすぎて、家に帰ったらボーっと。 もの凄い方なのに、この爽やかさ&チャーミングさ、なおさら凄い方だと思わせるのでござるズ。 2時間を超える講演も、興味深い話がずっとつづき、最後まで食い入って拝見しますた。 発酵8ヶ月を超える味噌を買って、一汁一菜、やって見ようと本気で思いますた。 刺激的、触発的な、いい一日ですた。
外は、激しい雷が展開されとります。 PCのコンセントは抜いときましょうね。
どちら様も、火の用心。
おやすみなさい。 

k-1-17-2018-doisang

ほっコりしたお仕事でござったなぁ。 料理研究家、土井善晴さんの、年賀状の絵をお手伝いしますた。 この絵は実は、新潮社「波」の土井先生の連載のために描いたもので、ご本人が気に入られて、賀状にも使われたものです。 おいしい絵、もっと磨かんとアカン。

k-11-20-2018-doisang

おっ! うれしいなぁぁ。。 シミジミ。 今、新潮社の「波」で、料理家、土井善晴さんの連載「おいしく、生きる。」に、私が挿絵を描いておりますが、土井さんが、絵をとっても気に入ってくださって、ぜひ、アレにも絵を使いたいと。 んんんんん。 やったー。 よーし。 うーし。 すーし。

k-8-24-2018-renge1
ぇぇぇ、、見逃すたよ、、 新潮社さん地下の社員食堂が、サラメシに出たと。 いっつも見てるのになぁぁ、、見逃すた。 半年くらい前みたいだけど。 はい、久しぶりに、その新潮社さんとのお仕事が。 大好きなあの方の連載の挿し絵、10回シリーズでござる。 楽しみーズ。   にしても、ぅぅぅ、、良いんだよ、あの社員食堂、自分も2度ほど、ご馳走になったでござる。 昭和な、なつかしい空気。
k-8-24-2018-renge2
 

↑このページのトップヘ