タグ:秋刀魚の味

k-3-20-2018-ozu1
んんん。 小津映画、モダンのかたまり。 宝庫だよ、、疲れた、、 良すぎて、、 この「秋刀魚の味」は、もう50回は観るであろうよ。 人と人の、間合いがたまらない。 自分も、これで良いんだ、と思わせる物語。 ほとんどのシーンにおいて、画面のどこかに「赤」を入れている。 これを意識し出すと、気になってしかたがなくなっちゃうんだけど、自分は絵描きなので、とっても勉強に。 話し、演出、出演者、美術、音楽、どれを取っても。 やりたいことが詰まりすぎでごさる。 上の写真は、団地のベランダに干してある、布団。
小津作品、若尾文子主演の「浮雲」のカラーも、見事でござる。
さて、今日の作業は、ここまで。 ハラがすいたので、マグを洗って帰ろう。
おつかれさまですた。
 
k-3-20-2018-ozu2

k-3-15-2018-odu1
仕事しながら、小津のモノクロの映画を。 自分には、モノクロ作品はちょいクラシカルすぎるけど、響くなぁ。 カラー作品の「秋刀魚の味」以降の作品は、予告編を観ても瞬時に染みるので、もっと素直に染みると思うなぁ。 染みる染みる。 笠智衆て、老け役が多かったようだけど、ひょっとして、今に自分と同じくらいの歳かも。 秋刀魚の味、週末借りてこよかな。 
k-3-15-2018-odu2
 

↑このページのトップヘ