タグ:足立真穂

k-1-16-2020-yoookang1
うれしいなぁぁ。。 素敵な一冊が、届きますた。 「ようかん」とらや文庫著・新潮社刊。 あの、とらやの本です。 かつて、饅頭博物誌や、餅の博物誌などはあっても、ようかんに焦点を当てた一般書が存在しなかったのだと。であるならば、自分たちで作ってみようと、とらやの菓子資料室、虎屋文庫のスタッフさんたち一同で、本づくりに取り組んだのだと。ようかんの歴史にとどまらず、色や形、材料、アレンジメニュー、製造現場など、多角的に見つめた一冊っ。 はぁぁすばらしい。 
k-1-16-2020-yookang2
この本をまとめたのが、先日まで土井善晴さんの連載のお仕事でご一緒させていただいてた、新潮社の、足立真穂さん。 足立さんは、養老孟司さんの「バカの壁」も作られた、スゴ腕の編集者さんです。 また何か、楽しい事ご一緒いたしましょうね。 
とらやさんのインスタ、ご覧になると、羊羹の概念が変わりますヨぉぉ。 ぜひ一度、飛び込んでみてください。 
とらやのInstagram →
k-1-16-2020-yookang3

今日も、のっぺりと終わります。
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

k-10-3-2019-toraya
愛らしいなぁぁ。 室町時代の後期創業、和菓子の「とらや」のインスタには、本当の意味で、明るいお菓子の数々が。 つみかさねられ、受けつがれ、たった今をあらわす。 そんな感じがする。 今度、銀座行ったら、入ってみよかなぁ。 そすて、とらやの本「ようかん」が刊行となったそう。 新潮社のライター、足立真穂さんの編集。 足立さんは、土井善晴先生の連載「おいしく、生きる。」をまとめられてる敏腕ライターさん。 その連載の挿絵のお仕事を、私にくださってる方です。
「とらや」インスタグラム →
とらや文庫「ようかん」→
 
明日はもう金曜かぁ、、
どちらさまも、火の用心。
おやすみなさい。 

↑このページのトップヘ